【体験談】日本とアメリカの就活の違いを解説!服装はどうする?

日本では大学3年生頃から準備を始める就活。リクルートスーツに身を包み、いろんな会社の面接に行く日本の大学生を毎年見かけますが、アメリカの就活はどのような感じなのでしょうか?

今回はアメリカの就活と日本の就活を両方経験した私が、両国の就活の違いを考えてみました。

アメリカと日本の就活はどう違う?

私は大学4年生の時に日本企業とアメリカの会社を両方ターゲットにして、アメリカの現地就職と日本での就職を両方考えながら面接をしていました。

書類の準備なども含めて、アメリカの就職活動と日本の就職活動が全く違うと感じたので、私が体験した中で思う両国の就活で異なる点をあげてみました。

アメリカには履歴書に特定のフォーマットがない

まず一つ目の大きな違いが「アメリカの履歴書には特定のフォーマットがない」ことです。

日本だと100均や文房具店に行くと、あらかじめ記載事項がプリントしてある履歴書が売っていると思います。

写真を貼る枠があって、性別、生年月日、扶養家族のあり・無しなどの記入項目がありますよね。

アメリカには既製品として履歴書は売っておらず、大概Wordで一から作ったりします。

記入する項目も日本とは異なっています。アメリカでは写真は貼らないですし、性別や生年月日も書きません。

アメリカはいろんな人種の方が住んでいるので、写真を貼ることによって人種差別が起きる可能性があるからです。性別や生年月日も性差別や年齢に対する差別を避けるためです。

アメリカでは経験と実力重視なので、自分が大学で何をしてきたかまたはインターンシップでどんな経験を積んできたのかを履歴書で猛アピールします。

有名な大企業に応募した場合、アメリカ全土から何万人も応募してくるので、履歴書に目を通されずスルーされてしまう可能性もあります。

いかに、自分の履歴書を採用担当の人の目に止まらせるかを考えて作成するのもポイントです。

アメリカの就活ファッションは自由

日本の就活生は就活スーツに身を包み、みんな同じ格好で面接に挑みますが、アメリカの就活ファッションは結構自由だったりします。

男子学生は基本的にスーツなので、あんまり日本と変わらないかもしれませんが、シャツの色がピンクとか明るいグリーンとか着ているアメリカ人は結構います。

女子学生はもっと自由な感じで、写真にあるようなフォーマルっぽいドレスで面接に行っている子もいました。

上記で説明したように、実績と経験重視なので、ファッションがよほどTPOから外れていなければOKという考えです。

私も、日本企業の面接をボストンで受けた時は、日本の就活スタイルで面接に行きましたが、タクシの運転手に「今日は君と同じファッションをしている子を沢山乗せてるんだけど、コミコンか何かあるの?」と言われました。

全員同じ格好をしているので、日本のアニメフェスに向かうコスプレイヤーに見えたようです….笑

アメリカの就活はコネが重要

日本の就活は新卒一括採用の文化がありますが、アメリカは新卒採用の考え方がありません。

大学を卒業したての人は、キャリアが何年もある中途採用の人と同じ土俵で戦わなくてはなりません。

もちろん、採用担当者の人は新卒の場合はキャリア歴がないのは理解しているので、どれだけインターンシップを経験しているかや、インターンシップでどれだけ結果を残しているかを重視します。

なので、インターンシップに参加した場合はそこで人脈をしっかり作り、自分の顔を売りながら「この人と一緒に働いたら楽しそう!」と思ってもらうことが重要です。

日本の就活は恵まれている

日本とアメリカの就活を両方経験して感じたことは「日本の就活は恵まれている」ということです。

大学を卒業したばかりで、職務経験がない学生の受け入れ態勢(オリエンテーションや新人研修)が整っていて、会社が育てようとしてくれますよね。

アメリカはメンター制度などはありますが、基本的に自分でスキルをあげようとしない限り誰も面倒を見てくれないので、受け身な人は辛く感じてしまうかもしれません。

でも、日本人は真面目で一生懸命働くので、海外では素晴らしい人材と認識されることも良くあります。日本の恵まれている環境でスキルを積みながら、30代くらいで海外にある企業に転職してみるのも良いかもしれませんね。

以上「【体験談】日本とアメリカの就活の違いを解説!海外の人の反応は?」でした。