【パッキングの裏ワザ】機内持ち込みの荷物だけで一週間の海外旅行に行く方法

空港でチェックインの手続きをするときに、いつも自分以外の人が大きなスーツケースと機内持ち込み用のキャリーオンの両方をガラガラ転がしているのを見て、荷物を少なくできる方法はないかと考えていました。

初めて旅行へ行く場所で、重いスーツケースを引いて歩き回るのは苦痛ですよね。特に、ヨーロッパみたいな石畳だらけの観光地に行く時は荷物が多いと最悪です。

私が去年デンマークに旅行に行った時に機内持ち込み用のキャリーオンのみで一週間旅行に行ったので今回はみなさんに荷物を減らすコツを伝授したいと思います。

洗濯機がある部屋を借りる

旅行のパッキングする時に、一番スペースを取るのは洋服や下着の衣類ではないでしょうか。特に、一週間の旅だと7パターン持っていかないといけないですよね。

圧縮袋に洋服を入れたとしても、一週間分ってかなりかさばる上に重いので、洋服を減らすことができれば荷物を大幅に減らすことができます。

私がデンマークに旅行に行った時には友達の家に5日間宿泊し、残りの5日間はアパートの一室に泊まりました。友達の家にもアパートにも両方洗濯機が用意してあったので、洗濯をこまめにすることによって荷物を減らすことができました。

洋服は3日分しか持っていかず、3日に一度は洗濯していたので、荷物はかなりコンパクトにすることができたと思います。海外の洗濯機は乾燥機が別で用意してあることがほとんどなので、すぐに乾くので問題ないですよ。

薄着で過ごせる国を旅行先に選ぶ

冬服が必要な季節に旅行に出かけてしまうと、必然的にコートやマフラー、手袋などの厚手のものをたくさん持っていかなければならないので荷物が増えます。

なので、暖かい季節に旅行に行くと荷物を少なくすることが可能です。夏だったら、T-シャツを複数枚と短パンな度で済みますし、だいぶコンパクトになります。

さらに、洗濯のできる場所に宿泊するのであれば、T-シャツなんか3枚くらいで良いのではないでしょうか。

私も夏の終わりにアメリカに旅行へ行った際には、T-シャツを複数枚持って行って、Airbnbのホストから洗濯機を借りて洗っていました。

さすがに、日が落ちてからは肌寒くなって、ショッピングモールでカーディガンを買いましたが。。。カーディガンを買っても、荷物はかなり少なくてすみました。

メイクは試供品を駆使する

洋服の次にかさばるのが、スキンケア用品と化粧道具だと思います。化粧水や洗顔など液体にカウントされるので、機内持ち込み用のキャリーオンに入れるとしたら、小分けにして持っていかなければなりません。

100均に売っている旅行用の小分け容器に入れて持って行ってもOKなのですが、正直移し替えるのがめんどくさいですよね。

そんな時は、化粧品やスキンケア用品を買う時にもらうサンプルを駆使しましょう!私はいつも化粧品のサンプルを取っておき、旅行の際に一気に使います。

サンプルなので、日常使いの製品ではないかもしれないですが、たったの1週間なので基本的に気にしないで使っています。

ジップロックにまとめて、入れておけばバラバラになることもないですし、液体物をトレーに乗せる時も簡単です。

ブラシとかビューラーは代替できないので、毎回諦めてキャリーオンに入れて持って行っています。

旅行は荷物をコンパクトにするのが一番

女性なら、せっかくの旅行でお気に入りの洋服を着たいと思いますが、重いスーツケースをゴロゴロ転がしてホテルまで行くのはかなり憂鬱ですよね。そして、荷物が多いと大変なのが何よりもパッキングが苦痛になります。

荷物をコンパクトにすると、身軽に動けます。古いホテルや小さい駅の場合はエレベーターがないこともありますが、その時でも楽に移動することができます。

今回ご紹介した方法で旅行に行くと、移動が楽すぎて、もう大きいスーツケースで移動できないと思います。笑

皆さんも、荷物をコンパクトにして海外旅行を楽しんでみてください。

以上「【パッキングの裏ワザ】機内持ち込みの荷物だけで一週間の海外旅行に行く方法」でした。