【アメリカ国内を便利に移動】格安バスMegabusで旅行しよう!

皆さん、アメリカ旅行に行った際にツアーパッケージに組み込まれている場所だけ観光して満足してませんか?

例えば、LAへの観光だったら、同じカリフォルニア州に居るから、サンディエゴとかサンフランシスコにも行きたい!でも、LAからサンフランシスコに行くなら飛行機代を追加で払わなきゃいけない…なんて諦めてる人も居ると思います。

せっかく旅行に行くなら、行きたい場所は全て回りたいですよね!

今回はアメリカの長距離バスで有名なMegabus(メガバス)を使用したアメリカ国内の移動方法と予約の取り方をご紹介します。

 

Megabusってなに?

Megabusを一言で言うと、「アメリカの主要都市を格安料金で結ぶ長距離バス」です。アメリカの主要都市にはバスストップがあります。日本人が観光で訪れるような州はメガバスが走っていると思って頂いてOKです。

2階建の青色のバスで、内装は日本でいうと主要都市から空港までを結ぶリムジンバスみたいな感じです。

メガバスには以下の設備が整っています。

  • トイレ
  • コンセント
  • wifi(繋がらないこともある)
  • 小さいサイズのキャリーバッグの持ち込みOK(20kgまで)

 

Megabusのチケット代が破格の値段

Megabusの売りは何と言ってもチケットの値段。

距離は関係なく、運がよければなんと片道$1でチケットがGETできます。

チケットの予約開始は出発日の約3ヶ月前からスタートし、$1チケット数は限りがあるので早い者勝ちです。

私は大学3 年生の春休みにシカゴへ旅行に行ったのですが、セントルイスからシカゴまで(車で運転すると約6時間の距離)Megabusを利用しました。その時はなんと往路のチケットを$1で買うことができました!

もし仮に、セントルイス・シカゴ間の飛行機での片道チケットを買うとしたらチケット代は$170です。

あらかじめ旅行の日程がわかっていれば、めちゃくちゃおトクにアメリカ国内を旅行できますよ!

Megabusの予約方法

では、MegabusのWebsiteで実際にどのように予約すれば良いのか手順をご紹介していきます。

①旅行日程を入力する

まずはmegabusのウェブサイトを開き、以下の画面で自身の旅行日程を入力します。

Megabusのサイトはこちら→Megabus.com

  • one way(片道)or round trip(往復)
  • From(出発地)/ To(到着地)
  • How many travelers(人数)
  • Leaving(出発日)
  • Returning(戻る日)

 

 

今回は例として、以下の条件で入力してみます。

  • 出発地:LA
  • 到着地:サンフランシスコ
  • 日程:2019年6月20日〜27日
  • 乗客:1人
  • 往復

 

②出発時間を選ぶ

 

①のステップで検索条件を指定してすると、検索した結果が表示されます。

6月20日にLAからサンフランシスコまで行く便が複数提示されるので、自分にとって都合の良い時間帯を選びます。

深夜に出発する便に乗って、朝起きたら到着地に着いているというパターンが一番効率的に観光できると思いますが、女性には深夜便はオススメしません。

理由は、3つあります。

  • バス停の周りが暗くて危険
  • 深夜なのでバス停に行くまでの道のりが危険
  • 深夜便に乗っている客層があまり良くない

安全は一番大切なので、朝またはお昼の便を選んだ方がいいです!

値段を見て見ると、今回は$1ではありませんでしたが、約$15でLAからサンフランシスコまで移動できます!

今回は、朝一番の7:00AM発の便を選んで「Add To basket」をクリックします。

 

戻り便を選ぶ

 

「Add to basket」をクリックすると、戻り便の予約の画面に飛びます。

往路と復路の値段は必ずしも一致していません。今回は値段を見ると、復路は$32が一番安い値段です。

自身の旅行日程で都合の良い時間帯を選択して、「Add toBasket」をクリックします。

③座席をあらかじめ指定したい場合は予約します

座席は指定せずに乗車することもできますが、色のついた部分の座席を選びたい場合はクリックして、座席指定を行います。上記にあるよう、座席ごとに値段が違いますので、予算に合わせて選んでください。

指定しない場合は、選ばずにそのまま「Continue」をクリックします。

④合計金額の確認をする

最後に合計金額を確認します。予約手数料が $2.50かかるので、手数料を含めて合計$49.49になります。

“「Terms and Conditions」と「Plivacy Policy」を読みました”というところにそれぞれチェックマークを入れて、「Pay」をクリックします。

クレジットカードの情報を入力して、支払いを完了させればチケットの購入が完了したことになります。

Megabusでの支払額は$49.49でしたが、仮に同じ日程でLAからサンフランシスコまでを飛行機で移動すると、往復で約$340かかります。

ということは….Megabusを使うと約$290も安くなる!!

節約して旅行したい方または学生さんはMegabusを是非利用してみてください。

Megabus利用時に気をつけるポイント

Megabusの魅力とチケットの予約方法をご紹介いたしましたが、気を付けて頂きたい点が2つあります。

  • 女性か学生の近くに座ること
  • 日本に居る時みたいなオシャレな服装はしない

順番に理由をご説明していきます。

①女性か学生の近くに座る

Megabusのチケット代が破格の値段であることはお伝えしたのですが、値段が安い=若干危なそうな人も乗車して居る可能性があるということを忘れないでください。

Megabusの乗客は値段が安いこともあり、学生が多いですが、たまに近くに座らない方がいいなぁーと思うような方も乗車しています。

なので、チケットを購入するときに席の予約をしていない場合は、女性か学生」の近くに座るのが安全です。

②日本に居る時みたいなオシャレな服装はしない

バスに乗る時に、写真のように首にヘビ巻いている人はいないと思いますが(笑)、オシャレな服装または露出のある服装でMegabusに乗らない方がいいです。

基本アメリカ人はラフな格好なので、日本人みたいなオシャレな服装をしていると、とても浮きますし、観光客だとすぐにわかって、目をつけられてしまいます。

観光客だとわかってしまえば、バスの中で寝ている間にスリにあったりする可能性がありますよね。

ジーンズ、T-シャツ、スニーカー、リュックなどラフな服装をしていれば、観光客だとわかりにくいので、安全に乗車できます。

Megabusでアメリカ国内を旅行する

Megabusでアメリカ国内を旅行する方法を今回ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

気を付けなければいけないポイントはありますが、旅行に行くときに100%安全な場所なんてどこにもないですよね。

押さえるポイントだけは押さえて頂いて、滞在期間中にたくさんの観光名所を回って素敵な思い出を作ってくださいね。

みなさんの旅行が良い旅になりますように!

以上「アメリカ旅行で使える!格安バスMegabus(メガバス)で旅行しよう」でした。